今までお世話になりました。

ということで、jewels oceanは今日で更新終了。
ここは放置プレイ。アンテナは使うし。
とりあえずはみくしぃに避難。
後日「パチンコ新人店員の○○日誌」を開催予定。しかるべき人には連絡します。


それではみなさんごきげんよう


ioring

免許発行。

やっとのことで自動車の免許を取得することができた。これでやっと車にのれる。
ってことで、実家に帰って来て、親の車を乗ってみた。
電柱にぶつけそうになった。
右折を曲がりきれなさそうになったのだ。ブレーキングが甘いのね。おいら。ってか、オートマって止まらないからすっごいイヤーン。エンブレきけよコノヤローって思う。
絶対車買うならミッションだなとココロに誓う。いやー、思い出すだけで怖い。車はやっぱり怖いね。凶器だよ凶器。ってかオートマが怖い。ガクガクブルブル

読書

といっても、なんだかんだで本は読む。
池田正行『食のリスクを問いなおす』ちくま新書
『経済学がわかる本』(増刊経済学セミナー)日本評論社
稲葉振一郎 他『マルクスの使いみち』太田出版

食のリスクを問いなおす―BSEパニックの真実 (ちくま新書)
池田氏の書は個人的に快著。読みやすいし。
周りに流されず、自らの道/信念/理論を通すことがどれだけ困難なことか。独り善がりにならず、対象とのコミュニケーションを重視し、実践していく姿は尊敬出来ることであるし、研究や実践を行うものは見習っていくべきものだと思う。
著者の言う「ゼロリスク症候群」という言葉に代表される現代社会の「安全」「安心」への過度の傾倒。BSEを通じて、その状況を見ることも出来る。村上陽一郎あたりとはせて読むとさらに良いのではないかな。
また「あてつけボイコット」という言葉に象徴される、ある意味での「民度」の低さ。社会に参加する市民や、大衆社会というものを現在から考えさせてくれる。
要するにBSE問題を切り口に、読者に様々な問題意識の種を植え付けてくれる本ってこった!

最後の実家での日々

昨日、長野に帰って来てもう2日が経ってしまうのか。今日は健康診断に行って来た。身長が184あった。おかしい。伸びた。( ´Д`)y―~ 
街を歩いていたり、店の手伝いなんかをしてると、方々から「卒業おめでとう」と言われる。つくづく地域に大切にされたなぁと思う。この街もあと2日もしたら、当分帰ってくることも無くなるだろう。
明日は免許の発行に。結局こんな時期までズレこましてしまった。俺のヴァカ。早起きしなくちゃ。
なーに書いていいかわかんね。はぅ。